• 福岡シュタイナー教室では水彩をはじめとするさまざまな芸術活動を体験することによって、子どもたちの中に、世界に対する興味と愛情が育っていくことを願っています

    Morgenspruch
    お日さまは草木に光を与えます。
    それはおひさまが
    草木を愛しているからです。
    同じように人の魂の光は
    ひとりの人から
    ほかの人に与えられます。
    その人がほかの人を愛した時に。
    Rudorf Steiner GA 40, 350

  • 教室を通して育てたいこと

    子どもたちが成長して人生を進んでいく上での原動力となるのは、人との関わりの中で培われた心の信頼関係から生まれる「世界と自分に対する愛」です。それをルドルフ・シュタイナーの考えと方法に基づいて子ども達と大切に育てていきたいと思っています

  • Rudorf steiner

    Rudorf Steiner オ-ストリア生まれの哲学者。人智学者。ゲーテ研究家。1919年にドイツに自由ヴァルドルフ学校を創立。

  • Welcom!
  • 育てること
  • Rudorf Steiner

教室の概要

福岡シュタイナー教室は1991年に始まった「アトリエ・シュタイナー」と1992年の「水絵の会」が基になっております。長い間、早良区の大原公民館に活動の場をお借りし、西福岡教会を経て、2004年にオープン・スペース ハレ(Halle) に拠点を移し、名称を「福岡シュタイナー教室」としました。始まりから25年近い歩みの中では、幼児クラスのみずいろが2002年に立ち上がりました。現在、幼児クラスのみずいろ、小学生低学年クラスのみずすまし、小学生高学年クラスのみずたまり、中高生クラスの水絵の会の4クラスが毎週土曜日に活動しています。(中高生クラスは1/月です。2017年現在)

  • 集合写真
  • ランタン祭り
  • 紙づくり
  • 夏の合宿集合写真
Contact

クラス紹介

  • 幼児クラス

    みずいろ

    3才~6才までの幼児を対象にしたクラスです。ぬらし絵を中心にクレヨン画、蜜ろう粘土遊び、季節の手仕事などをローテーションで行なっています。お祈りや5音階の歌、ライゲン、手遊び、メルヒェンの素語りをします。子どものお誕生祝いは毎回行っています。シュタイナー教育の考えに基づき、繰り返しのリズムが培う"意志の力"を大切にし、護られた環境の中で、子どもたちが夢見の時代を健やかに過ごせますよう願っています。

    担任 : 豊田康子

    開催時間 : 第1土曜日から第3土曜日まで。年間行事の時は開催時間を変更しています。

  • 小学低学年クラス

    みずたまり

    小学低学年(1年生から3年生)のクラスです。子どもたちの自己意識はまだ目覚める途上にあります。そのため、水彩などのテーマは色そのものを体験したり、メルヘンや国づくりの話などをもとにして描いたりしています。周りの息づきはおひさまに由来するというイメージを育てます。手づくり・水彩・フォルメンなどを主に行なっています。オイリュトミーの授業も始まります。

    担任 : 井手芳弘

    専科 : 幸田朋子

    開催時間 : 第1土曜日から第3土曜日 14:40~16:10 / オイリュトミー第4土曜日15:15~

  • 小学高学年クラス

    みずすまし

    小学高学年(4年生から6年生)のクラスです。子どもたちは、周りの世界の中で自分の存在に目覚めます。そして、周りの世界に新たに出会います。それに応じてテーマはより具体的になります。植物や動物や自然の様子などの話をし、それを描きます。手づくり・水彩・フォルメンなどを主に行なっています。高学年クラスでも引き続き年齢に沿ったオイリュトミーの授業があります。

    担任 : 井手芳弘

    専科 : 幸田朋子

    開催時間 : 第1土曜日から第3土曜日 16:20~17:50 / オイリュトミー第4土曜日16:15~

  • 中高生クラス

    水絵の会

    中高生のクラスです。幾何的な図形、木炭で影を付けた白墨画を描いたり、スプーンなどの木彫りをします。少し色から離れ光と闇や物質とかかわりへの体験に導きます。その他にもドライ画法、遠近法の作図、射影幾何学など様々なものが入ってきます。テーマに沿った取り組みとして、ひとつはより物質的なものにより深く取り組んでいくこと、そしてもうひとつは精神的なものにより深く取り組んでいくことを目指しています。

    担任 : 井手芳弘

    開催時間 : 第1土曜日 18:00~20:30

  • 通信8月号雲の写真

    通信8月号NO.256

    2018/07/19

    いよいよ、本格的な夏がやって来ました。梅雨明け前の集中豪雨では、たくさんの被害があったことに心が痛みます。昨年大変な被害を受けた、朝倉の黒川地区では、人的被害はなかったものの、朝倉からの道路がまた崩壊して車が入れなくなっ

  • 福岡シュタイナー教室通信7月海の画像

    通信7月号 NO.255

    2018/07/06

    梅雨に入っていますが、雨が降ったり、晴れたりの天気が続いています。そんな中、21日に夏至を迎えました。これまで、毎日朝が早く開け、お日様が遅く沈んでいましたが、21日から方向を変えて、今度は日々、短くなっていきます。今年

  • 通信6月号 NO.254

    2018/06/11

    5月は天気のいい日が続きます。先日、まったく違った空が現れました。雨の次の日で遅くまで澄み渡り、夏の雲を思い起こせるような塊の雲が浮いていました。大麦の収穫時期で、一面黄金色の絨毯が風に揺られているかのようでした。はるか

  • 彩雲の写真

    通信2月号 NO.250

    2018/02/01

    ふと空を眺めると不思議な美しい現象が起きていることがあります。写真の現象は彩雲現象と言って、雲が虹色に色づく現象です。同じように雲が色づく現象に、幻日現象があります。時々ニュースでもこの二つの現象が混同されることがありま

教室Leaflet(file.pdf 1.4M)

ダウンロード

お問い合せ

当教室はご入会前に体験として単発の参加が可能です(回数は各会規定)。お問い合わせ・ご予約はこちらのフォームから受付けています。他にもFacebookのメッセージ、Eメール・FAXで対応しています。ご提供頂いた個人情報は、お問い合わせに関わる事以外の目的で利用することはありません。E-mail:fukuoka-steiner@excite.co.jp Fax:092-844-8174※福岡シュタイナー教室宛てとご明記ください。